エンタメ

杏のフランス語は何級?レベルや勉強法を調べてみた

モデルからスタートし、TVドラマや映画にひっぱりだこの大女優となった杏さん。3児の母となった今もその活躍はとどまるところを知らず、声優やナレーター、最近はYoutubeチャンネルも開設し、登録者は65万人越えという抜群の人気を誇っています。

私自身もそうですが、母として子供を育てながら、仕事も充実していて、好きなことを貫くライフスタイルにあこがれを抱く女性は多いのではないでしょうか?

そんな杏さんがお子さんの進学を機にフランスに移住する?!という記事を見てびっくり!

杏さん=フランスのイメージが浮かばなかったので、移住するからにはフランス語のレベルや、どうやって勉強したんだろうというのが気になって色々調べてみたところ、杏さんがフランス語検定何級を持っているかや、なぜフランス移住を志したかにつながる理由も分かってきました。早速そのことについてお話しますね。

なぜフランス?

モデル時代のご縁

女優さんのイメージが強すぎて忘れてましたが、そもそも杏さんのキャリアのスタートはモデル!かつてパリコレモデルとしても活躍していたそうです。

杏画像 (4)

(出典:https://www.fashionmodeldirectory.com)

長身でかっこいいですね!!

モデル時代にはパリに1カ月間滞在するということも度々あったそう。当時はスマホもなく、地図を見ながらオーディション会場など行き来していたので、パリの街の地図は大体頭に入っているそうですよ。やはり土地勘があったんですね。

当然パリに単身滞在してオーディションも受ける、ということになると日常会話はまず必須ですよね。仕事としての必然性や、ほかのモデル仲間とのコミュニケーションでも相当鍛えられたんじゃないかとおもいました。

杏さんがパリコレモデルとして活躍していたのは2000年代前半頃。杏さんが20歳前後の頃なので、脳も柔軟なはず(^^)v短期でかなり高いレベルまで習得できたのではないでしょうか?

フランス語のレベル

検定の種類と級

杏さんは2022年初頭のCM発表会の場で「最近ドキドキした場面」ということでフランス語の検定試験の面接の話をされていました。

日本で受けられる検定試験は4種類あって、そのうち級がつくのは以下2つがあります。

  • 実用フランス語技能検定試験(仏検)
  • デルフ・フランス語学力資格試験(DELF)

試験日程を調べてみたところ、DELFは6月・11月の2回開催と試験時期が一致しませんでしたが、仏検の2次試験は今年1月にあったようなので、こちらなら時期もぴったり一致します!杏さんが受験したのは仏検に間違いなさそうです。

では杏さんは何級を受験したのでしょうか?

仏検で面接があるのは準2級以上です。2級は大学のフランス語専門課程4年相当とされ、一般的なフランス語を「使える」レベル。読む力ばかりでなく、聞き、話し、ある程度書く力も要求されるとあります。

いくら過去にフランスで短期間生活したことのある杏さんでも、子育てと仕事を両立しながらの試験勉強という状況。さすがにレベルが高すぎるような気がします。

日常会話レベルということであれば準2級あたりを受けられたのかもしれません。とはいえ準2級も『日常生活における平易なフランス語を、聞き、話し、読み、書くことができる』という説明ですが、大学のフランス語専門課程3年生程度とあるので英検の水準と比較すると随分難易度が高いイメージです。

高い実力の土台の上に、さらにフランスに移住することで、日常生活だけでなく現地の学校で先生や他の父兄との交流でフランス語漬けの生活になればレベルアップは間違いなさそうですね!

勉強法

杏さんはインタビューで、英語とフランス語を勉強していると公言しています。フランス語は10代からのパリコレモデルの仕事をしながら習得したものとはいえ、ブラシュアップを怠らない杏さんは努力家ですね!

今の勉強法はオンラインレッスンをグループで参加したり、大人の公文式のようなものや、アプリを使って頑張っているそうです。それにしても参加したオンラインレッスンの同じグループに杏さんがいたらびっくりしますよね!!

実は私も英語と中国語が話せるのですが、育児や仕事のすきま時間に語学を勉強する体力・気力は全く残っていませんでした(^^;)杏さんはまだ小さい3人のお子さんを育てながら女優業はセリフの暗記など準備にかなり時間が必要なはずなのに、もはやその努力に脱帽してしまいます。

ちなみに杏さんの英語は独学で洋楽を聞いたり、趣味の美術館巡りの記録を英語で書いたり、洋書を付箋をつけながら読んだりしていたそうです。自分の好きな音楽、美術館、本と結びつけて勉強をされていたからこそ継続的に学べたんですね!この発想は見習いたいところです。

杏さんは今は英語の方が得意だそうですが、いずれはYoutubeでのギター演奏でシャンソンをフランス語で歌い、パリの素晴らしい美術館巡りの記録や洋書もフランス語に入れ替わっていくのでしょうね(^^)

<補足>フランスでの暮らしはどうなる?

フランスの教育

今回の移住は双子の女の子が6歳になり、フランスでの小学校入学年になったことがきっかけだと言われています。フランスの学年始まりは9月で私立小学校の入学が決まっているそうですよ。

スケジュールは小さいお子さんたちの体力的にも気持ち的にも、まずは体調を整えて、生活に慣れる時間を作りたいと思うはずです。入学ギリギリのタイミングよりも、2週間から4週間ほどは余裕をもって引っ越しするのではないかと想像できます。

杏さん自身の夢としていつか海外で暮らしてみたいということを、過去インタビューの場で話していることに加えて、日本の学校に入ると元夫の東出さんとの距離も近く、マスコミ対策の煩わしさに加え、学校での噂やいじめの対象になる可能性を心配されるのもやむを得ないですよね。

昨年の11月下旬から12月上旬にかけて、お子さん3人とともにパリへ下見に出かけていたことも報じられています。お子さんたちも杏さんの青春の地でもあるパリの街を気に入ってくれた、その感触も今回の移住に影響しているのではないでしょうか。

私も子供が語学力ゼロの状態で海外のインターナショナルスクールに入れたのですが、子供の語学習得は本当に早いので、すぐに杏さんが娘さんたちからフランス語を「教えてもらう側」になるのかもしれませんね!

なお、フランスの教育は小学校から留年制度・飛び級制度もあり、かなり学習面ではシビアなようです。大学入試は論述式、あるいは口頭試問なので、日本の入試制度のように暗記では突破できない難しさがあるものの、杏さんご自身のように本を読んだり、勉強を楽しめるタイプの方にとっては、むしろ魅力的な教育制度にうつるのかもしれません。

住まい

パリは青春時代を過ごした思い出の場所ということ以外にも、小中と青山学園に通っていた杏さんにとって、街中に歴史ある教会が多いのも「気持ちが落ち着く場所」ということで移住のポイントになっているようです。

お子さんの学校の近くに住むことが優先ということも想定されますが、美術館の近くや歴史ある街並みというのも新居選びのポイントになっているのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?調べてみると杏さんにとってパリは青春の思い出の地で、フランス語を頑張って学べる理由も納得いきますね。

<まとめ>

  • 杏さんのフランス語は仏検準2級レベルとかなり高そう
  • 勉強法はオンラインレッスンや大人の公文やアプリを活用
  • 独学で習得した英語同様、歌や美術館巡りの記録、洋書を活用して勉強している可能性も
  • 数年後は娘さんたちが杏さんのフランス語の先生に?!

杏さんの自分の好きなことと結びつける勉強スタイルは見習いたいですね!私もしばらくやっていなかった語学の勉強を再開したいなと改めて感じました。

ということで、今回は杏さんのフランス語は何級?レベルや勉強法について調べてみました!

こちらの記事もおすすめ