MENU
ことばのこと

どうする?海外駐在中の子供の日本語学習

海外に行く前は現地の言葉が身につくだろうかという心配以外ないのですが、だんだん海外生活が長くなると出てくるのが日本語問題!

私自身帰国子女だったり、子供を現地の学校に通わせた経験をふまえてお話ししようと思います。コロナも明けてこれから海外に駐在予定という方に少しでも参考になると嬉しいです。

外国語は心配いらない!

海外駐在が決まったら言葉の問題が一番心配ですよね。

断言しますが子供の外国語は全然心配いりません!
特に子供が小さいうちに海外駐在することになると英語を即覚えてきます。

理由は簡単。先生が小さい子供にもわかるように身振り手振りも交えて超優しく話しているからです。子供同士も小難しい話してませんよね。一緒に遊んでいる中でなんとなくわかってくるのです。

学年が上がってきても基本は同じです。読む文章のレベルが上がってくるので少し時間が必要ですが、その国のその学年の子供が理解できる範疇の学習内容なので毎日学校に通って
その言葉に慣れていればキャッチアップ可能です。

問題なのはむしろ日本語

でも、日本語は注意しないと必ずレベルダウンします。

日本にいるときは学校、家、街で聞こえる会話、見かける看板や文字などほぼ100%日本語です。日本語以外の言語空間にいるのはせいぜい英会話スクールなど多くても一日数時間でしょう。

ところが海外に行ってしまうと家族以外と日本語を話したりする機会はほとんどなくなります。
小学生は漢字や作文イヤイヤやらされていますがそれは一朝一夕で覚えられないから。この積み重ねから完全に解放されるとボディーブローのように効いてきます。

作文がヤバイ…

とか

漢字が怪しい…

というような日本語問題が学年が上がるごとに顕在化してきます。

小学校高学年ぐらいであればある程度基礎もできていて、親が教えるより自分で勉強できるのでそこまで問題は大きくないのですが、注意が必要なのはそれよりも小さいお子さんです。私も家では日本語をルールにしていました。油断していると兄弟で英語を話し始め、
末期症状になると親に英語で答えるようになります。

「うちの子英語が堪能で!」と意気揚々と帰国しても、その後はずっと日本で暮らしてきた子たちと同じ教室で学ぶことになり、今度は母国語なのに劣等感を感じるなんてむしろ気の毒です。

日本語能力が低いと授業についていけなかったり、そもそも先生の言っている意味がよく理解できなかったりと影響は大きいです!

今回は私自身が実際経験したり、海外にいるときに子供に試したこと、友人の例などを参考に色々な日本語学習方法についてメリット/デメリットや効果をご紹介したいと思います。

脅かすようですがこれは親が努力しないと日本に戻った時、子供は本当に苦労します!ぜひ備えを!!!

現地で塾通い

日本人がそれなりに多い地域だと、塾という選択肢があります。

私が駐在していた北京は日本人学校もある場所なので、そこそこ日本人人口があり、中学受験を控えた小学校4年生以上の通う塾が数校ありました。

さらに日本人が多い地域、例えば私が子供時代を過ごしたアメリカのニューヨーク近郊は
30年以上前から既に何校も日本人向けの塾がありましたし、今世界で最も日本人が多い海外都市と言われる上海やシンガポールなど日本人がかなり多い地域では選ぶのが大変なほど選択肢が多いというのが実情です。

メリット

いわずもがなですがリアルに先生が教えてくれるのでその場で聞けるという点です。

また、日本の教室の雰囲気に慣れることができるというメリットもあります。日本に戻ってきてあまりに教室での雰囲気が違うことに違和感を持つ子供は多いんです。

実際帰国子女あるあるで先生に目を付けられたり、子供の世界の中でいじめや不登校の原因にすら発展するケースもあります。特に小さいうちから海外に行っていて日本で就学経験がないお子さんの場合、日本の学校での基本的なお作法を知っているだけでも帰国時に比較的スムーズに順応できるということは大きいですよね。

デメリット

特に駐在地が大都市の場合、交通渋滞が多く通うのが大変です!
塾のある時間は夕方が多いので空いてれば10分くらいの距離を30分近くかかるというのがありがちです。

また、日本のように子供が自転車で自分で行くというようなことが海外だと難しいので親の送迎の負担という意味でも相当大きいです。

先生のレベルはわざわざ海外にまで来て教えようという方なのでそれなりにレベルが高いという印象ですが、先生の福利厚生が厚い分お月謝も日本の1.5割増しくらいかかる感覚です。

また、生徒のレベルが一定でないのでお子さんのレベルによっては簡単すぎる/難しすぎるということが起こります。それなりの規模の塾であれば日本から来たばかりとか、中学受験を目指いしているなどカリキュラムについて行ける子と現地生活が長くて日本語のレベルが…という子でクラス分けもしているのですが、そうでない場合日本よりも学力のばらつきが大きいということがあるので、塾側でどのようなケアをしているのか確認されるのが良いと思います。

通信教育

ここ最近は通信教育も海外発送してくれるのが当たり前になってきました。発送可能な地域も年々増えている印象です。私が育てる側として最初に試したのがこれでした。

メリット

『○○じろう』など本人が気に入っている教材であれば日本でやっていたものをそのまま継続できるというのは良い点だと思います。

毎月新しいものが届いたり、赤ペン先生からお返事が来るというのは海外にいるいない関係なくやはり子供は嬉しいようでした。

デメリット

送料がびっくりするほど高い!です。

タイムリーに毎月届くという意味でEMSなど国際宅配を使うケースが多いので仕方ない面もあるのですが、通信教育の代金と同じくらいの金額の送料がかかります。私はなんだか納得いかなくて(笑)

あと、四季感や工作の材料など日本では当たり前のものが海外では手に入らない!ということが結構ありました。
例えば「プラスチックトレーで船を作ろう!」のようなテーマで工作のページがあったとしても、日本で当たり前のプラスチックトレーがここにはない…ということがおこります。
代替品を探すのも楽しみと割り切ればよいのですが、案外苦戦しました(^^;)

オンライン家庭教師

これは画期的!!!

ここ2、3年zoomなどを使って先生と直接結んで授業をしてくれるそんなサービスがちらほら始まり、コロナで爆発的に広まった印象です。

私が子供の頃にあればよかったのに!と悔しくなるレベル!
私のイチオシです!

メリット

送迎のハードルが高い海外で自宅から出かけなくていいというのはかなり大きなメリットです。

またオンラインスクールがふるいにかけて選んでいる先生なので経験豊富で教えるのが上手な先生が多い印象です。

インターナショナルスクールのカリキュラムに対応している等の強みを持った塾や先生などもあり心強いです。

〈プロ講師のみ〉数学が苦手な生徒のための個別塾「数強塾」

特に数学は、インターや現地校だと日本人は計算が得意なのでかなりアドバンテージがあり
「私は数学が得意」と勘違いしやすいのですが、日本に帰国したら人並み以下ということが起こりがちです。

数学が好きだったり得意なお子さんも現地校の数学は全く物足りないと思うので個別指導があるなんてほんと羨ましいとしか言えない…

あとは現地の塾に通っていてそこの先生や教室と子供が合わない場合、日本と違って行き場がなくなりがちですが、オンラインだとこちらが先生を選ぶことができるので繊細なお子さんの場合かなり精神的に楽なはずです。

もし時差の関係があっても調整してくださる先生もいるので気軽に相談してみてください。

気になる費用も教室などの固定費を持たないため案外高くありませんよ。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

そして塾と違って学校の科目以外のクラスを用意してくれているケースも多いです!

うちの娘もオンラインで海外からそろばんを教えてもらっていました♪

デメリット

デメリットはほとんど思いつかないレベルで、海外在住者の日本語レベル維持のために
これ以上ないサービスだと思うのですが、敢えてあげるならば人気の先生は予約が取りづらいことがある点です。

これは子供との相性もあるのでなかなか誰が「いい先生」とは一概に言えないのですが、
自分の都合のいい時間で予約が取れないこともあります。
先生によっては固定で枠をとってくれる方もいるのでそこはご相談かなとおもいます。

我が家の実例紹介しますね。

お金をかけて日本語教育をしていたのは当時幼稚園児だった上の娘だけですが、
海外駐在中はこんなラインナップで学ばせていました。

オンライン家庭教師の素晴らしいところは普通の教科以外も授業してくれる先生がいるところ!!

勉強系 = 通信教育⇒市販ドリル

そろばん = オンライン家庭教師

通信教育は送料の納得感が私に乏しかったのとレベルがあまり子供と合っていなかったので
半年ほどで断念し、日本から帰国の都度買ったドリルをやらせていました。

私が見つけたオンライン家庭教師塾ではオンラインそろばん教室まであり感動モノでした!

手元を見せてみっちり教えてくれるので日本に戻ってからそろばん教室に通学するようになった今もたまにお世話になっています。

あとは日本に帰ってから利用するようになったサービスもあります。

ワンダーボックスというはなまる学習会が運営している通信教育ですが、タブレットを使ったパズルやゲームで構成されています。

一見ただ遊んでいるだけに見えるものの実は空間認知能力やプログラミングやいろんな数学的思考が鍛えられるようになっています。

1日30分という時間制限もあるのでやりすぎにならずおすすめです。

コロナが収束してきた今私たちもまた海外に戻る可能性もあり、その時もこちら続けようと思っています。

まとめ

日本語を維持するために

塾、通信教育と選択肢は様々。
ただし経験者的にはオンライン家庭教師一択!

いかがでしたか?

海外に行くことが決まると、どうしても外国語の心配をしてしまうのですが、
子供は順応力が高いので現地の環境にすぐに慣れるはずです。

むしろその順応力の高さ日本語を忘れてしまうという新たな問題につながることがあるということを親が意識しているだけでも全く違うと思います。

母国語が曖昧だと論理的思考力や抽象化する能力、感情の機微など高等教育やビジネスで必要になるスキルが欠けた状態になってしまいます。

いっそのこと英語が母国語になるよう育てる!と振り切るのも一つの道かもしれませんが、
子供が母国語で不自由しないようにしっかり対策してあげてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです。