暮らしのこと

【2023】地元民おすすめ名古屋の子連れおでかけスポット!年末年始の営業日もチェック

名古屋は一見目立った観光スポットが少ないように見えますが、実は公営の公園・科学館などの施設が充実していたり、子連れでも混雑が少なく楽しめたりする穴場も多いんですよ。

2023年名古屋市内で年末年始を過ごす方へ、地元民がおすすめする子連れお出かけスポットを厳選してご紹介!

各施設の公式サイトから2022年末~2023年始の営業スケジュールもチェックしてみたので、地元民おすすめのモデルコースもご紹介します!

年末年始の営業日・休館日をチェック

名古屋で子連れでおでかけできるおすすめスポットをピックアップして営業時間などを調べてみました。お子さんの興味によって、鉄道・飛行機・車・動物など、楽しみ方は選んでくださいね!

東山動物園

2022年12月29日~2023年1月1日休園

1月2日から営業開始です。めでたい鶴・亀にちなんだ飼育員さんによるアニマルトークやキャラクターのズーボが出没するイベントが10時および15時に予定されています。

名古屋港水族館

2022年12月20日~2023年1月9日は無休!

いつものイルカショーはもちろん、近隣の南極観測船ふじ、シートレインランド、JETTYなども同様に通常通り営業です。

なお12月29日~12月31日と1月1日~1月3日は『魚朱印』が販売され、年末・年始それぞれの特製スタンプを押印できるそうです。

(出典:名古屋港水族館)

リニア鉄道館

2022年12月27日~2023年1月1日

新年の特別イベントなどはなさそうで、通常の開館対応のようです。

名古屋城

2022年12月29日~2022年12月31日

2023年1月1日9:00~初開門・特別開園

2023年は元旦から1月9日まで名古屋城冬まつりということで、「名古屋おもてなし武将隊」などが出迎える開門イベントや、お正月遊びや大道芸を楽しめるイベントが予定されています。

レゴランド

無休で10:00-17:00まで通常営業。

12月31日16:40~子供たちのカウントダウンショーという年末イベントに加え、毎年恒例の干支のモザイクパネルが登場しています。

子供限定で限定デザインのポップバッジのプレゼントイベントなども開催されるようです。

アトラクションや規模的には幼稚園から小学校低学年くらいまでなら楽しめるかも。

モリコロパーク

2022年12月29日~2023年1月1日休園

ジブリパークは1月4日まで休園。北口と西口に大きな門松が飾られるようですが、イベントなどは通常の週末と変わらないようです。

フライト・オブ・ドリームズ

無休

市内から少し離れたセントレア隣接。空港から名古屋にアクセスする場合は立ち寄ることを検討しても良いかも。本物の飛行機の近くで遊べるキッズエリアなど通常営業のようです。

=以下施設は年末~3日は休館日=

名古屋市科学館

2022年12月29日~2023年1月3日休館

でんきの科学館

2022年12月29日~2023年1月3日休館

トヨタ産業技術記念館

2017年12月29日~2018年1月3日休館

農業センター

2022年12月29日~2023年1月3日休園

名古屋市美術館

2023年4月14日まで工事のため休館中

名古屋市博物館

2022年12月19日~2023年1月3日休館

トヨタ博物館

2022年12月24日~1月3日休館

モデルコース

2022年内

まず到着に飛行機を利用する場合はフライト・オブ・ドリームズなどで楽しめそうですね。

年内にお出かけするとしたら、私のおすすめは年末年始も休まず営業している水族館!

イルカショーは屋外ですが、屋根がついているので濡れる心配はありません。他のエリアも室内なので天候を気にせず見学が可能です。

私は12月の寒い日に子供を連れて行ったことがあるのですが、イルカショー見学を予定してたので、暖かめの格好をしていったところ、室内はむしろ暑いほど!外は寒くても温度調節のしやすい服で訪問されるのをおすすめします。

まず、チケット売り場は年末年始以外でもかなり混雑するので、事前にコンビニもしくはオンラインでの購入をおすすめします。

65歳以上の高齢者割引や土日エコきっぷなど各種減免措置が受けられませんが、寒空の下、長蛇の列に並んで待つ時間を考えたら定価で購入するメリットも大きいと感じます。

なお、注意が必要なのは昼食を食べる場所!特に午前のイルカショー終了後は館内のレストランはかなり混雑するので、午後最初のイルカショーを狙って早めに昼食を済ませるのがベスト!

2023年1月1日

1月1日の初詣はそれぞれの家で毎年お参りする神社仏閣へ参拝しますよね。

もし、特に決まった場所がないという場合に熱田神宮も候補に挙がるかもしれませんが、近県含めてかなりの人出なので、私は子連れで行くことはあまりお勧めしません

名古屋は古い街なので、遠くに行かなくても神社やお寺などたくさんあるので、近所のそれなりの規模の神社などが気持ちよく参拝できるのではないでしょうか?

もしその後も時間があれば、お正月らしいイベントが予定されている名古屋城は天気がよければ楽しそうですね!

2023年1月2日~

折角名古屋に来たのであれば、動物園やリニア鉄道館が1月2日から営業しているので、子供の興味関心に合わせて遊びに行くのが良いですね。

もしくは天気が良ければ市内にいくつかある緑地公園やモリコロパークで凧揚げなど、広場で思いっきり走り回るのも楽しそうです!

まとめ

年末年始で、営業している施設はいつもより少ないものの、名古屋は首都圏と比べて空いている場所が多いので、存分に楽しめるのではないでしょうか?

上記の施設リストと営業情報を参考に、無駄のない2023年に向けた年末年始プランを検討してくださいね!

【まとめ】

  • 名古屋港水族館は年末年始も休まず営業しているのでおすすめ
  • 熱田神宮は混雑するので、子連れでは避けたい
  • 通常の人気施設は休館の所も多いのでスケジュールチェックが必要
こちらの記事もおすすめ