中国情報

【北京の春の風物詩】「マオマオ」って何?

さて、4月といえば日本では花粉シーズンがようやく落ち着くころでしょうか?
北京では寒さが和らぎ、新緑の美しい素晴らしい季節です。

が、

予期しない邪魔者が!!!

マオマオ!

 

このマオマオの正体を解説しますね。

マオマオとは?

「毛毛」と書いてmaomaoと呼びます。

聞くと可愛い感じですが、漢字は見たまんまやん!という感じですよね(笑)

周りの駐在員の奥さんたちは皆さん「マオマオ」と呼んでいますが、正式名称は「柳絮」liu(3)xu(4)といいます。

マオマオの正体は白い綿状の柳の種子なんです。

日本でも柳の木はたくさんあるのに見たことないのはなぜだろうと調べてみたら、大陸の柳とは品種が違うようで、日本の柳は綿をそれほど作らない種類のようですよ。

 

柳絮は漢詩にも登場している、春の季語のようです。

漢字の見た目も上品で風流な感じもしますが、実態はものすごくヤバい!

イメージ的には羽毛枕を使って10人くらいで枕投げしている状態って感じでしょうか。

例年4月半ばに増え始め、月末には街が白い綿毛で大変なことになります。

マオマオがあるとこうなる

まるで雪が降るようにマオマオが舞うのでマスクに加えてできればメガネが必須です。

さらにたちが悪いのは、地面に落ちても、軽いのでまた風が吹けば地吹雪のように舞い上がります。

ということで、非常に汚い

排水溝に流れないので、取り除かない限りはずっとそこにいます。

政府も何とかしようとしているのだと思いますが、この季節至る所に散水車が走っています。水を撒くと綿毛が一時的に飛べなくなるので、その場の対策にはなるのですが、結局日が高くなって、また路面が乾くと元の木阿弥…

いたちごっこです。

中国らしく、政府は郊外の柳の木を全部切り倒す計画があるとか、遺伝子操作でマオマオを飛ばさない柳に植え替える計画があるとかまことしやかに言われていますが、真偽のほどはわかりません。

どうやり過ごせばいい?

私はとにかくマスクで対策しています!

口や鼻に入らないようにすること。

都市伝説だとは思いますが、駐在員として北京にいるときに同僚に聞いた話によるとマオマオを気づかないうちに吸い込んでそれが気管支に入り肺まで届きそこで発芽した…(;゚Д゚)

なんて話も聞きました。

 

ふわふわ風に乗って動くので子供が触りたがるのですが、どんなものか見るのは1度にして極力触らせないようにしましょう。

どこを舞ってきたかわかりませんから…

ちなみに触った感じは綿花のように柔らかくなく、さすが種子という感じでちょっとべたべた感があります。

子供が手で触ったらよく手を洗いましょう。

ちなみに「柳絮の才」というのは高い教養を持った女性という誉め言葉だそうです。

これだけ嫌われ者になっているマオマオを見るといわれても嬉しいような、嬉しくないような(^^;)

最後まで読んでいただきありがとうございました。このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ