中国情報

【よく聞かれる質問に答えます】中国でインターナショナルスクールに通わせるためには英語力は必須なの?

今日はよく聞かれる質問に答えたいと思います。

結論から言うと最初は必要ありません。

あれ??記事いらない(^^;)?

でも折角なので私が今回駐在する前に、駐在員の先輩から受けたアドバイスも含めお伝えしたいと思います。

子供が大きくなるのはあっという間です。

ぜひ少し長めのスパンで考えてみてくださいね。

子供の英語力は必須?

学校によっては入学時に英語や基礎学力の面談を課す学校もあります。まずは希望の学校の募集要項を確認したり、学校見学等で実際に学校側へ問い合わせてみてください。

人気校や特に学年が上がると試験を課す傾向が高いように感じます。

インターナショナルスクールも学校としての評判を上げるためには「進学実績」を上げていかなければなりません。

有名校への進学実績や、SAT等大学入試に係る試験で平均点が高い等、誇れる実績を作っていくには入学する学生の質をコントロールする必要があると考えるのも理解できます。

逆に、幼稚園では無試験の学校がほとんどです。

なので、幼稚園は日本人幼稚園で小学校からインターナショナルに通わせたいという場合は入れたい小学校に英語のテストがあるか、注意が必要です。

有名インター校では小学生から簡単な英語や算数の試験を課す学校が多いようです。

ちなみに我が家の場合ですが、幼稚園児で試験などはありませんでした。(我が家の通っている学校は入学に際し英語の試験はありません)

我が家の娘が初めてインターナショナルスクールに入った日、彼女たちの英語力は文字通り「ゼロ」でした。

ただし、そこは幼稚園児!

学校に行けば言葉は通じなくてもなんだか楽しかった、とか、今日は○○っていう子とお友達になった、とか言葉が分からなくても何とかなってしまうものです。

私自身も帰国子女なので言葉のことは元々あまり心配していませんでしたが、小さい子供の適応能力は驚くほど高いです!

ということで、もし子供をインターに入れたいとお考えであれば、子供の将来を少し長めに考えて、検討してみてくださいね。

親の英語力は?

じゃあ、親の英語力はどの程度求められるの?

インターに子供を入れようか悩んでいる方から相談されると、必ずこの質問を受けます。

結論から言うと私は親の英語力は高いに越したことはないと思っています。先生とのコミュニケーションだけではなく、子供がお友達と遊ぶとなれば、その父兄とのコミュニケーションも必要になります。

トラブルがあればその解決にも、子供の学年によって程度の差はあれど、親のサポートは必要です。

言わずもがなではあるものの特に、先生とのコミュニケーションはとっても大切です。

先生とコミュニケーションすることのメリット

① 子供の成長を知る機会

② 子供がどんな才能に長けているのかを客観的に聞ける

③ 子供の才能の伸ばし方、つまづいている個所のフォローなど学習・生活面のアドバイスを受けられる

インターナショナルスクールの場合、宿題など勉強面でも親の関与がとても高く求められるので、これが言葉の問題で少しもわからないとなるとちょっと悲しいですよね…

ただ、実際に学校に入ってみて全く英語が喋れない父兄がいることに驚きました。その大半が中国人パパ・ママで、周りの人に援助してもらっています。

先生との面談に全然関係ない事務の職員を動員したり、こちらから見ればなんだかやりたい放題している感じなのですが、中国のお金持ちらしい行動を見ている感じですね…(もちろん眉を顰める良識派中国人父兄もいますよ)

ちなみに日本人の父兄を見渡してみると、個人差はありますが、学校とのコミュニケーションを人に頼ることはされておらず皆さん自力で何とかしていらっしゃいます。

ママがほとんどしゃべれないというお宅もありますが、その場合はパパが強力サポートをしているようなので、家族で補い合っていけるのであれば問題ないのだと思います。

中国人同士であれば、他の父兄に平気で頼っても気にしないのでしょうが、日本人の皆さんは大人の面倒を見るほど暇ではないので、そこはシビアだと思います。

例えば学校からレターが来て、これってこんな意味でいいんだよね?という確認をしたい場合、日本人コミュニティーではなく、同じクラスのママたちで確認しています。

もし日本人同士で誰かに通訳を頼んでも、毎回聞かれたら間違いなく嫌われます(笑)

どちらかというと日本人学校のママさんコミュニティーの方が慣れない海外生活でお互い助け合いましょう!という互助会精神が高く、新しく来たママさんへのサポートが手厚い印象です。一方インターナショナルの日本人ママコミュニティーは極めてドライ(笑)。こちらは海外生活が長い方や何か国語もしゃべれるという方も珍しくないので、自己責任でということでしょう。

どちらのコミュニティーが居心地よいか、これは個人の好みの問題ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ