海外生活

海外駐在の一時帰国中に投票ってできるの?

6月末から子供の夏休み突入のため一時帰国の準備をしていましたが、気づけば参院選が近いではありませんか!

海外にいても国政選挙には一票を投ずることができます。

在外投票は大使館や領事館で直接投票することもできますし、近くにない時は郵送でも対応できます。

現地で投票できるような手続きをとったけど、一時帰国中ってどうすればいいの??ということをふと思いたち、調べてみました。

大前提として必要な在外選挙人名簿登録

1.海外渡航前にやってしまうのが便利!

海外渡航する前に、必ず住民票の転出届を出しますよね。

こちらは無防備なのですが、お役所の方から「在外選挙人名簿登録をしてくださいね」と、やさしくアドバイスをいただきました。

以前は在外公館でしか申請を受け付けていなかったようなのですが、私が出国した時は転出届を出した際に一緒に手続きできました。

在外選挙出国時登録制度

印鑑やら身分証明書などをもってわざわざ役所に行くのであれば、ぜひ一度に済ませたいですね。パスポートもお忘れなく

日本国内で申請書を出して、あとは在留届を提出しておけば、登録資格が得られる3か月が過ぎたころあたりに、管轄の在外公館から連絡があり、「在外選挙人証」が届いたので窓口に取りに来てくださいと言われます。郵送もできるようなので、申請時に決めておいてくださいね。

なお、在留届はオンラインで提出できます。

オンライン在留届

私は転出届を出す際に、マイナンバーカードの廃止や保育園の利用中断、印鑑証明の抹消やらいろいろと手続きがあったので、役所での待ち時間に携帯でポチポチやって在留届の提出完了(^^)オンライン手続き万歳!

2.出国後は在外公館で申請

もう出国しちゃったよ…

という方は在外公館でも手続きできます。

ただし、3か月は海外に住んでいることを在外公館が確認したうえで、外務省経由で各都道府県の選管が在外選挙認証を発行するというプロセスなので、2か月ほど時間がかかるそうです。選挙が近いと間に合わないので、いざという時に備えて早めに手続きしておいてくださいね。

参議院選挙は時期が決まってますが、衆議院はいきなり解散とかされると、せっかくの選挙権が行使できなくなりますので、何も選挙日程がない時が狙い目です。

<外務省HPリンク>在外公館での申請方法など

一時帰国中はどうするの?

一時帰国中に日本で投票できるのかなーと思ってお役所に確認してみたら、大丈夫でした。

ただし、「在外選挙人証」の提示が必要なので、選挙期間にかぶりそうな一時帰国の際は荷物に入れるのを忘れないでくださいね!

投票できる場所は「在外選挙人証」を発行してもらった選挙区で、通常は最後に住民票があった場所になります。(20年以上前に出国していたりするような場合は「本籍地」とかもあるようですので各自ご確認ください)

期日前投票でお役所の投票所なら受付けてくれるだろうとは予想していたのですが、意外にも選挙当日も指定された投票所であれば投票できるそうです。

ちなみに私は一時帰国の滞在先がお役所からちょっと遠かったので、行くのが面倒だなと思っていたのですが、選挙当日の指定投票先が近くの小学校だったので無事投票することができました。

オンラインで申請できることも増えていますが、肝心の投票はなんとか時間を作って最寄りの在外公館に行くか郵送対応なので、早く選挙もデジタル庁さんに頑張ってもらって、自宅で投票できるようになるといいですよね!

海外にいるとはいえ、日本国民としての権利は行使しないとですよね。
若者が投票に行って日本をもっといい国にしましょう♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。
このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ